割り切り女性をセフレにするコツ

割り切りをしていて「この人がセフレになってくれたらいいのに」などと思った経験がある方は多いですよね。
割り切りは会ってすぐに体の関係になることができますが、必ず結構な額のお金が必要になってしまいます。
そこで今回は『割り切り女性をセフレにするコツ』についてポイントをご紹介したいと思います。

できるだけお金目的ではない女性を選ぶ

まずは割り切りの相手の女性選びの段階で、セフレにしやすい女性を選ぶことがポイントです。
割り切りをしている女性にも2つの種類があって、完全にお金目的で割り切りしている人と暇だったり寂しかったりして異性と会うついでにお小遣いをもらっている人がいます。

前者はセフレにするのは非常に難しいですが、後者の場合は実はかなり簡単にセフレにすることができるんです。
お金が目的でない女の子の場合は、他に気軽に異性と出会える場所やチャンスがないので割り切りというシステムを使って時間や心を埋めています。
つまり、そこに報酬がなくても彼女達にとっては実は大きな問題ではありません。

後者の割り切り女性を見つけるコツとしては、お金に対して金額や支払うタイミングなどを細かく言ってこない事がポイントです。

紳士的に振る舞う

割り切りをたくさんしている女性だとしても、初めて会う異性は何をされるかわからない事もあって不安はあります。
最近はネットの出会いから、事件やトラブルに発展してしまうというニュースも多いです。
だからこそ、できるかぎり紳士的に振る舞って安心させてあげることがとても重要になります。

セックスをする際も恋人と初めてするように、優しく丁寧にしてあげましょう。
最初から特殊な性癖を出すなどは、嫌がられる可能性が高いので止めておきましょう。
もちろんコンドームを付けて避妊してあげるなどの配慮は絶対です。
割り切りはデリヘルとは違いますので、サービスを受けるのではなく一緒に楽しむことが大切です。

お金は多めに払う

これは必須事項ではありませんが、セフレになってもいいかなと女性が思いやすい男性は色んな面で余裕があるものです。
お金持ちである必要はありませんが、やはり経済的に余裕がある男性はお金以外でも時間や行動に余裕がうまれやすく、女性はそこに魅力を感じると共に安心感を抱くものです。

ですので可能であれば少し余分にお小遣いをあげると、後々セフレになれる可能性が高くなります。
また、ただ現金をあげるだけよりも、割り切り女性が普段行かないようなお店に連れて行ってあげたりする方が喜ばれる場合も多いです。

割り切り女性も人間

割り切りをしている女性も人間ですので、寂しくなったり誰かと会いたいと感じるものです。
割り切りの関係を続けていく中で、そういった時に自然に側にいてあげられるくらいの間柄になっておくと、相手の方から「会いたい」と連絡をくれるようになります。
そうなればもうお金は必要ありませんので、セフレとして体の関係になることができます。

割り切りをしてるけどお金を使いたくないという人は是非参考にしてみてください。